2006年02月27日

生き方のお手本

勲章を受章された方の自叙伝を読みました。
これまでの人生における様々なエピソードを通じて、
その方の生きる姿勢や、ご家族への愛を感じる素晴らしい一冊でした。

さすが勲章を受章されただけあって、お若い頃から努力を重ねてこられたようです。
そして70歳を過ぎた今も、現役で仕事をこなしていらっしゃいます。

お仕事の話はさることながら、感心したのは健康法。
体力の蓄積分を使い切った50歳ころから、実践されているそうです。 
毎朝5時半に起床し、22時半に就寝。
毎日、お仕事を終えた後、一時間以上歩く。
スポーツクラブやヨガ教室に通う。
家庭菜園をする。
などなど、努力をするからお元気なのか、お元気だから努力できるのか、
とにかくお元気なのです。

この本もそんなお忙しい中で執筆なさったとか。
人生充実しています。尊敬しますぞっっ。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

読み終えた後、感動と共に、
この方の半分も努力していないような気がして、深く反省。
大きな仕事はできなくても、何十年後かに、
「こんな生き方をしてきましたexclamation」と、胸を張って言えるよう
人生の時間を紡いでいきたいものです。
posted by アヤカリーヌ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・読書・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。