2006年03月15日

卒業のとき

先日友人が高齢者介護の研修を受けたとき、
「人生の最期をどんな風に迎えたいか?」というディスカッションが
あったそうです。

奥が深いテーマです。
考えてみても、在宅介護がいいのか、施設や病院に入った方がいいのか、
なんとも答えが出ません。

だけど、密かに目標にしている心構えならあります。
それは、周りの人たちに「ありがとう」と、
いつも感謝できる心を持ち続けるということです。
これまでに何人か、そんな人たちに巡り合ったことがあります。
寝たきりでご本人が一番大変そうなのにもかかわらず、
周りへの気遣いを忘れない方、
認知症なのだけど、感謝の心はちゃんと持ち続けていている方…

どんな生き方をすればそんな境地ぴかぴか(新しい)に到達できるのでしょうねぇ。
尊敬します。人生の最終課題なのですぞっ!

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

人生の卒業のとき、後悔しないよう心を磨いていきたいものです。
いろんなことに感謝する気持ちを大切にしながら日々生活していこうと、
心に誓った夜でした。

気に入っていただけたら、投票お願いしまーすバースデー
↓↓↓
人気blogランキング
posted by アヤカリーヌ at 23:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 小さなしあわせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。