2006年04月25日

ずっしり

四天王寺舞楽を観に行きました。
聖霊会という、聖徳太子の命日にちなんで行われる法要で
1400年の伝統exclamation×2があるんだって。

鳳笙、龍笛、篳篥や鞨鼓といった雅楽の楽器が
四天王寺の石舞台に、優雅なハーモニーを響かせます。

bugaku shishi.jpg

宇宙を感じさせるような調べにのって、次々と奉納される華やかな舞楽。
初めて観るのに、なぜか魂に響く懐かしさがあります。

bugaku karyoubin.jpg


飛鳥、奈良、平安・・・
昔の人達も、ここでこんな風に舞楽を観てたんだなぁ。
私達は、その人達から脈々とつながった命を授かってここにいるんだー。

歴史の重みを感じます。ずっしりと来ましたぞ!

・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜゜

古式ゆかしい法要に、文化や命を守り、受け継ぐことの大切さを感じました。

bugaku taiheiraku.jpg

聖徳太子の賢さにもあやかりたい黒ハート一票よろしくお願いします。
↓↓↓
人気blogランキング


posted by アヤカリーヌ at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術・伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。