2006年07月07日

七夕の夜

7月7日は七夕です。
街角には、短冊に願い事を書いた七夕飾りが揺れています。
この日は、織姫と彦星が一年に一度出会える日…

あれ?何で一年に一度だったっけ?
ということで、調べてみました。

それは中国の古い伝説。
織姫という働き者の美しい娘がおりました。
この娘の父は、天の神様。
天の神様が、娘にふさわしい婿にと白羽の矢を立てたのは、
これまた働き者の牛飼い彦星。
織姫と彦星はひと目で互いを気に入り、結婚しました。

ところが、その後の二人は遊んでばかり。
天の神様がたしなめても一向に態度を改めません。
怒った天の神様は、織姫を天の川の西に、彦星を東に追放してしまいました。

二人は悲しみにくれ、泣き暮らす日々。
かわいそうに思った天の神様は、二人が元のようにまじめに働くのなら、
年に一度二人が会うことを許してくれました。
だけどもし、七夕の日に雨が降れば天の川の水かさが増して、川を渡れません。
そんなときは、どこからかカササギの群れが飛んできて、橋を作ってくれるのでした・・・

あぁ。そうでした。そんなお話だったなぁ。
一年に一度しか会えないなんて、気の毒ですもうやだ〜(悲しい顔)応援したくなりますぞっっ!

*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*

子供のころは、雨が降ると二人は会えないって思っていましたが、雨が降っても会えるんですね。
ちょっとホッとしたような…
それにしても、ちょっと切ない物語。
二人がハラハラしなくてもすむように、
明日天気になぁれと、童心に戻ってそっとお願いしてみたくなりました。

W杯も残すところ後二試合。寂しくなります失恋
この心の隙間をうめてくれる心優しい方、一票よろしくお願いしまーす!
↓↓↓
人気blogランキング
posted by アヤカリーヌ at 00:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 芸術・伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。