2006年08月25日

本当の幸せ探し

先日、奈良の春日大社に行きました。
平城京の守護のために建てられ、現在は世界遺産にもなっています。

そこでふと目に留まったのが、宮司の葉室頼昭さんの本。
そこには、古来、日本人が大切にしていたこころを説く本が並んでいました。
宮司は、公家の家に生まれ、形成外科医を経て神職に就くという
異色の経歴の持ち主だそうです。
いつもは、通り過ぎるのだけど、
宗教一辺倒じゃない経歴にひかれて、一冊読んでみることにしました。

選んだ本は、「神道「徳」に目覚める」。
「徳」という言葉に無縁な生活をしているので、
徳にふれてみようかななどと思い購入。

徳のなかで一番すばらしいのは、陰徳だそうです。
感謝や見返りを一切求めず、人が悦ぶことをし続けること。
そうすることによって、自分も磨かれてくるとか。
ふむふむ。

そのほかにも、いろいろ興味深いお言葉が満載。
元医師だけあって、医学的な例えを用いたり、
科学的な話があったりするのですが、
それがまた親しみやすく、こころにスッと入ってきます。
宮司の言葉に、こころが浄められますぞっっ!

*+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+

いつもは神社やお寺に行っても、本なんて買おうと思わないのに、
ふと手にとってしまったこの本。
これも神様のお導きぴかぴか(新しい)なのかなぁ…なんて、
思ってしまった一冊でした。

冥王星が惑星から格下げ。なんだかちょっぴり寂しいですたらーっ(汗)
今日も一票、よろしくお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング


posted by アヤカリーヌ at 20:06| Comment(10) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。