2006年09月13日

あの日のカルピス

友達4人と、幼い頃の兄弟との思い出話になりました。
私は3人兄弟。その場にいた2人は4人兄弟。もう1人は2人兄弟。

皆、思い出の中心は食べ物バースデーに関するバトルでした。
決して貧しい暮らしをしていた訳ではないのですが
食べ残した美味しいものに名前を書くのは、当然。
名前を書いても、食べられてしまうというのも、これまた当然。

そんな熾烈な戦いの中で、1人が語った思い出に
「カルピスの瓶に、残りを線で引いておく」というのがありました。

当時、カルピスはお中元の定番中の定番。
さすがに瓶に線を引いていたのは、ひと家庭でしたが
遠い日のカルピスの思い出は、共通でした。
詰め合わせの中に入っているオレンジやグレープは
人気が無かったこと。
お母さんが作ってくれたカルピスは、後日発売された
カルピスウォーターより確実に濃かったこと。。。

昭和の時代。カルピス。カルピス劇場…
懐かしい思い出です。井上陽水の「少年時代」が聴こえてきそうですぞっ!

゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆゜・:,。゜・:,★゜・:,。゜・:,。

平成の子供達は、兄弟で食べ物を奪い合ったりするのかな?
一人っ子が多いからそんな経験している子は、超少数派?
あの頃は、真剣にケンカしていたけど
よみがえる子供時代の日々は、カルピスのように甘くてやさしい味わいです。

昔は、一人っ子に憧れたものですかわいい
今日も一票ヨロシクお願いしま〜す。
↓↓↓
人気blogランキング


posted by アヤカリーヌ at 20:03| Comment(6) | TrackBack(0) | ノスタルジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。