2006年10月19日

まほろばの夜

安芸の宮島へ観月能満月に行きました。

miyajima

今年で10回目を迎えるこのイベントは、厳島神社の能舞台で行なわれます。
秋の夕べに当代きっての能楽師、友枝昭世氏がシテ(主役)を舞います。

海の揺らめきが反射して舞台に映り、ゆらゆらと幻想的。

kangetsunou

波の音や、時折山から吹いてくる秋風がしみじみした味わいを醸し出します。
舞台の上だけ、なんだか時が止まった感じ。
まほろばのようです。幽玄の世界ですぞっ!

。o○゚+.(☆)゚+.○o。。o○゚+.(☆)゚+.○o+.(☆)゚+.○o。。o○゚+.(☆)゚+.○o


今回の演目は「羽衣」と「猩々乱」です。
天女の美しさに目を奪われ、猩々の飄々とした舞に心躍らされたひと時でした。

厳島神社には気が溢れているような…モバQ
今日も一票よろしくお願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング


posted by アヤカリーヌ at 21:01| Comment(6) | TrackBack(1) | 芸術・伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。