2006年11月11日

熱闘ラフティング

バリ旅行記、最終回はラフティング体験です。

今回の旅行で何が一番良かった?と聞かれたら迷わず
「ラフティング!!!」と答えます。

ヘルメットとライフジャケットを身につけて、いざ出発。
ガイドさんの指示の元、3人のクルーが力を合わせて進みます。

緑の鮮やかな川辺には、沐浴する人、お洗濯する人と
珍しい光景が次々と現れ気分は最高。
「まえこっぎっ♪」「まえこっぎっ♪」(前漕ぎ)掛け声もノリノリです。

でも、そのうち激流になりガイドさんの「危なーい!」という声の直後に
岸壁に激突。その勢いが半端じゃありません。

頭から水をかぶるのは当たり前、命綱を握りながら体が宙に舞います。
何度も何度もあちこちの岩にぶつかり、右へ左へ前へ後ろへ
絶叫とともに3人がゴムボートの中を転げまわります。

クルーの1人は落水、もう1人はオールの柄が膝のお皿を直撃してもがいています。
もはやアクティビティなんて気軽な物ではありません。命を懸けた闘いですぞっ!!

*ゝc_,・*ゝc_,・*ゝc_,・*ゝc_,・*ゝc_,・**ゝc_,・*ゝc_,・*ゝc_,・*ゝc

最後に4メートル近い滝魚座から落ちて、2時間のアドベンチャーは終了。
何か、大嵐から生還したようなすがすがしさと連帯感で充実しています。

あまりのスリルに「あぁこれでもうオシマイだーさようなら。。」
と覚悟すること数知れず、青タンもできちゃったけど
また絶対にやりたいねと皆で話したのでした。


ラフティングってほんっと面白いですねわーい(嬉しい顔)
今日も一票よろしくお願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング

posted by アヤカリーヌ at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅のしあわせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。