2007年02月15日

地球の悲鳴

映画「不都合な真実」を観に行きました。
地球温暖化について、アメリカ元副大統領のゴア氏が語る問題作です。

今年も暖冬。
ここ数年、おかしな気候になってるなぁと肌で感じます。
竜巻や鳥インフルエンザのニュースも、
ここ数日間で度々登場しています。

数年間で、急速に何かが変化していると不安に思い、
地球温暖化について少しは関心を払っていたものの、
それほど真剣に考えたことはありませんでした。

映画の中で、引用していたマーク・トウェイン氏の名言、
「災いを引き起こすのは、”知らないこと”ではない。
 ”知らないのに知っていると思い込んでいること”である」
まさにそのとおりです。
温暖化について、もっと深く知ること。
これが、地球を守る第一歩足だと思いました。
この映画、一人でも多くの人に観てもらいたいですぞっ!

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

確かに、産業の発展も、より便利な暮らしも、手放し難いものです。
けれど、地球の悲鳴をもう少し真剣に聞かないと、
取り返しのつかないことになりそうです。

地球を守るため何に重きをおくか?
一人一人のできることは本当に小さなことだけど、
みんなの意識が変わったら
それは大きな流れになるのではないかと思いました。

まずは、エコバッグを買いに行こう。。

「不都合な真実」の本もおすすめですよ本
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング
posted by アヤカリーヌ at 23:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 映画・読書・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。