2007年05月06日

鴬のフン

昔の上司が主催する、「お香を楽しむ会」にお邪魔しました。

お香といえば、以前、「組香」という
香りあてゲームのようなものを、体験した事があるけれど
今回は、「聞香」。
四種類の伽羅を順番に焚いて、じっくりと香りを味わいます。

お道具は、小さくて可愛らしく、おままごとみたい。

koudou 1

香炉にきれいに盛られた灰の上に「銀陽」という名の
四角いガラスを置いて、その上に香木をのせます。
すると、ふわっと良い香りが〜〜。

koudou 2

一つ目は「無銘」。
周りのおば様方の所作を見習って、香を聞きます。

二つ目は「八重藤」。
一つ目に比べると、甘くて濃厚な感じ?

三つ目は「水の音」。
なるほど。小滝が流れ落ちるイメージ。すっきり爽やかです。

香りに精神を集中して、感じるままに情景を思い描くひととき。
日常とはまるで違う空間です。平安絵巻に入り込んだようですぞっ!!

・*:..。o○☆*゜∈・^ミβ¨゜゜・*:..。o○☆*゜∈・^ミβ¨゜゜*:..。o○☆*

そして最後は「野辺の鴬」。
春の野の長閑な香りかなぁ〜と想像しながら香炉を手に取りました。

あれ?何だか違います。
これは鳥そのもの?独特な香りがします。
周りでは「犬のにおい」とか「鳥のふん…」なんて言葉も飛び出して。
めぐっていく香炉が、小鳥に見えてきます。
皆が鳥を手にくるんで、くんくん匂いを嗅いでるみたいです。

笑いもたっぷりにお香を楽しんだ後は
「四季香」という組香のお話も聞かせていただき、優雅な会は終了。

会に招待してくださった部長は、この春から大学院生。
中世の歴史を研究されるとか。
また、色々なお話を聞かせていただけるのが楽しみです。

G.W.も残り僅かですね。明日からは日常モードで気合を入れなくてはパンチ
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング




posted by アヤカリーヌ at 13:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 芸術・伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。