2007年08月16日

脳トレ美術館

M.C.エッシャー展に行きました。
だまし絵のような作品で知られるオランダの版画家です。

エッシャーは、アルハンブラ宮殿の幾何学模様にインスピレーションを受けて
不思議な異空間を作り上げるようになったそうです。

その作品は、例えばこんな感じ。

M.C.Escher

見晴台の二階から梯子で三階に上がっていると
いつのまにか梯子は、建物の外に立てかけている状態に。

どうなってるのexclamation&questionと柱の作りに目を凝らし。。
現実にはあり得ない三次元の世界を謎解きながら
脳はもう、クッタクタです〜。

また違う作品に進むと。。
沢山の白い鳥と黒い鳥が、同じ画面に描かれています。

そしてキャプションには、こんな説明書きが。
 「白い鳥に注目すると、夜の星空に飛ぶ白い鳥が
  黒い鳥に注目すると、輝く太陽のなかを飛ぶ黒い鳥が見えてきます」

必死に目を凝らして、立ち尽くすこと約1分。
「あ!見えた。」
喜びと同じくらいの疲労感が押し寄せてきます。

どの作品も、一筋縄ではいきません。

理工系の芸術家とも呼ばれているエッシャー。
はからずしも美術館で、脳トレができましたぞっ!

.:♪*:・'゜♭.:*・♪'゜。.*#:・'゜.:*♪:・'.:♪*:・'゜♭.:*・♪

日頃使わない部分の脳をフル活動させて
摩訶不思議な作品と格闘した、珍しい美術展でした。


こんなにくたびれた美術展は初めてでしたふらふら
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング





posted by アヤカリーヌ at 08:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 芸術・伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。