2009年05月25日

小さなお医者さん

一息ついた昼下がり、カモミールティーをいれました。
わが家のベランダで生育したカモミール。
リンゴのような甘い香りに、ほっとリラックスします。

chamomile1


実はこのカモミール、植えた覚えがなくて
初めは雑草だと思っていたのです。

冬の半ば、プランターの片隅に生えた1本の草。
ほったらかしなのに、ニョキニョキ育つその生命力に圧倒されて
様子を見守っていると、春先に花を咲かせました。

あれ!?このマーガレットのような可愛い小花は!!
カモミールさんじゃあーりませんか。

chamomile2

カモミールといえば、鎮静作用や消炎作用など
様々な効能があるハーブとして人気です。

また、コンパニオンプランツといって、
植えると周りの植物を元気にする作用があって
「植物のお医者さん病院」とも呼ばれているんだって。

そういえば、こんなことがありました。
枯れかかっていた哀れなビオラを、捨てるよりましかなと
雑草(カモミール)のプランターに移植したのです。
すると、びっくり。
気がつけば、葉も茎もイキイキと大復活るんるん
たくさんの花を咲かせ始めたのです。
今では、株の大きさも5倍近くに成長しています。

chamomile32.gif

あのピーターラビットもお腹をこわしたとき
お母さんにカモミールティーを作ってもらったとか。

人も植物もウサギも癒すなんて、かなり優秀なお医者さんですぞっ!

・*:..。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.。.。o

カモミールの花言葉は「逆境に負けない強さ」「清楚」などなど。
強くて可愛いカモミールせんせい。
ベランダ専任のお医者さんになってもらうことにしました。


豚インフルエンザ、早く落ち着くといいですねぇ。
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング

posted by アヤカリーヌ at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | キレイ・元気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。