2007年08月16日

脳トレ美術館

M.C.エッシャー展に行きました。
だまし絵のような作品で知られるオランダの版画家です。

エッシャーは、アルハンブラ宮殿の幾何学模様にインスピレーションを受けて
不思議な異空間を作り上げるようになったそうです。

その作品は、例えばこんな感じ。

M.C.Escher

見晴台の二階から梯子で三階に上がっていると
いつのまにか梯子は、建物の外に立てかけている状態に。

どうなってるのexclamation&questionと柱の作りに目を凝らし。。
現実にはあり得ない三次元の世界を謎解きながら
脳はもう、クッタクタです〜。

また違う作品に進むと。。
沢山の白い鳥と黒い鳥が、同じ画面に描かれています。

そしてキャプションには、こんな説明書きが。
 「白い鳥に注目すると、夜の星空に飛ぶ白い鳥が
  黒い鳥に注目すると、輝く太陽のなかを飛ぶ黒い鳥が見えてきます」

必死に目を凝らして、立ち尽くすこと約1分。
「あ!見えた。」
喜びと同じくらいの疲労感が押し寄せてきます。

どの作品も、一筋縄ではいきません。

理工系の芸術家とも呼ばれているエッシャー。
はからずしも美術館で、脳トレができましたぞっ!

.:♪*:・'゜♭.:*・♪'゜。.*#:・'゜.:*♪:・'.:♪*:・'゜♭.:*・♪

日頃使わない部分の脳をフル活動させて
摩訶不思議な作品と格闘した、珍しい美術展でした。


こんなにくたびれた美術展は初めてでしたふらふら
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング





posted by アヤカリーヌ at 08:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 芸術・伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

なぜなぜ?

今日もいいお天気でしたねぇ。
何気なく空を見上げると、夕日に照らされた美しい雲を発見しました。
オレンジ色の雲の後ろに真っ白い薄い雲が、放射線状に出ています。

はて?同じ方角なのになぜ、オレンジ色と白になるんだろう?
雲の高さが違うから?
そうしているうちに、白い雲がほんのりとオレンジ色に。。

natsunokumo1

うーむ。面妖な目
それから、前の雲がグレーになって、
後ろの雲が今度はオレンジに染まってきました。

natsunokumo2

意外な展開です。
見上げているのは東南の空。
日の出の時ならいざ知らず、どうして後ろにある雲が光り始めるの?
摩訶不思議な事態ですぞっ!

?o。.。o?o。.。o?o。.。o?o。.。o?o。.。o?o。.。o?o。.。o?o。.。o?o。.。o?o。.。o?

涼しくなった風を頬に受けながら、のんびりと空を見上げる幸せを感じたひと時なのでした。


謎の解明は、アヤカリーヌからの夏休みの宿題です本
意外と答えは簡単だったりして・・・
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング
posted by アヤカリーヌ at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 小さなしあわせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

愛しのでんすけさん

すいかの大好きな私にとって、高嶺の花。
あこがれのでんすけさんぴかぴか(新しい)が、とうとう我が家にやってきました。

densuke1

爆弾のように真っ黒な「でんすけすいか」。
ユニークな名前の由来は、二つあるそうです。
一つは、喜劇役者の大宮敏光さんのはまり役、「デン助」さんにあやかって。
二つ目は、水田の転作のため新たに育てる作物を模索していたところ、
稲の代わりにすいかを植えることとなり、
「田を助ける」ということで「田助」と命名したそうです。

densuke2

お味の方も、保障付き。
一本の蔓から、1〜2玉しかつくらず、
糖度が11度以下のものや、空洞のあるものは一切出荷しないとか。
とにかくこのでんすけすいか、農家の方が丹精込めて育てた箱入り息子なのです。

早速、冷やしていただくことに・・・
むむっ。切る段階で違います。
なかなか切れず、手応えがあります。

そして一口。
美味し〜〜い!甘い!瑞々しい!!
白いところまで甘いです。
食べ終えたあとも、美味しい味が口の中に残っています。
歯磨きするのがもったいないですぞっ!

゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚

あぁ。愛しのでんすけさん、今度はいつお目にかかれるのかしら・・・

毎日暑い日晴れが続いていますが、皆様お変わりございませんか?
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング
posted by アヤカリーヌ at 19:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 食べるしあわせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

ひやひやのぷるぷる

通販チャンネルを見ていると、
ナタデココのパックを紹介していました。
なんでも、ナタデココと一緒に美容液を固めたマスクだとか。

繰り返し巻き返し、パックの効果とやらを見ていると、
催眠術にかかったかのように、使ってみたくなります。

それにしても、ナタデココ素材のパックって気持ち良さそう〜!
好奇心と誘惑に負けて、購入してみました。

開けてみると…
おお〜〜っ!
たしかに、あのナタデココが薄く平らなマスク状になっています。
顔に乗せると、ひんや〜〜〜り。
上から触ったプルプル感も、なかなかのものです。

そのまま待つこと20分。
紙素材のパックと違って、いつまでも冷たくっていい気持ちです。
特に、暑い夏場には気持ち良さ倍増です。
あ〜っ。ひやひやぷるぷる天国ぴかぴか(新しい)ですぞっ!

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

次の日もしっとりいい感じ。
病み付きになりそうなパックなのでした。

通販番組ってうまく消費者の心をくすぐりますよね〜。気をつけなくっちゃ猫
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング
posted by アヤカリーヌ at 22:55| Comment(10) | TrackBack(0) | キレイ・元気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

うちのハリー

絵本売り場を通りかかると、「どろんこハリー」を見かけました。

Hurry

小学校の図書館で読んで以来の再会です。
思わず手にとって読んでみました。

あぁ、そうでした。そうでした。
ハリーは黒いぶちのある白い犬。
お風呂嫌いのハリーは、家を抜け出して遊びすぎ、
白いぶちのある黒い犬になってしまって・・・

今でも覚えているなんて、さすが愛されて続けている作品ぴかぴか(新しい)です。
あの頃の思いがよみがえってきましたぞっ!

(●・ω・)σ☆:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:☆а(・ω・○)

ハリーみたいにやんちゃでかわいいわんちゃんが家にいたら、
どんなに楽しいだろうって、とっても犬が欲しくなったっけ。

そして今、願いが叶って黒い(茶色い?)ぶちのある白い犬が身近に。

leo4

そう、あやかりいぬ3号のレオナルドです。
やんちゃに走り回るレオとハリーを重ね合わせ、
ますますこの絵本が好きになったのでした。

「ぼくは王さま」にも久々に再会。好きだった本です本
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング

posted by アヤカリーヌ at 23:56| Comment(15) | TrackBack(0) | ノスタルジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

激マズの効果

さて、お酢に浮かべた烏骨鶏の卵。こんな感じになりました。

after 3 days

アクを漉して、そっと卵を触ってみると
ぶよんぶよん〜〜たまらない感触です。

水で洗うと、表面に残った殻がポロポロとれます。
何だか、角質をとるお化粧品みたいな感じ。
そして、きれいになった卵がこちら。

beauty egg

薄皮に包まれた白身と黄身は、まるで小宇宙ぴかぴか(新しい)みたい。
あまりにきれいなので、勿体ないなぁと思いつつも
ぷちんとつぶして薄皮を取り除き、お酢とよく混ぜ合わせます。
濃い黄色の液体は、見た目、すっごく美味しそう。

sutamago dekiagari

ちょっと、ひとなめ。。うっマズイ・・・
身震いするほど変な味です。このまずさは、青汁もまっつぁおですぞっ!

*☆○o゜¨゜*☆○o。*゜¨゜゜・*(。>ω<。)*゜¨゜゜・*。o○☆*゜¨゜o○☆*

酢卵の一日量は、おちょこ一杯ぐらい。
お水や牛乳で割ったり、蜂蜜を入れると飲みやすくなるそうです。
シンプルにお水で割ってみました。

sutamago mizuwari

一気飲みして、うううう。やっぱりひどい味〜。

そして、酢卵の効果はWeb情報によるとこんな感じでした。

滋養強壮・疲労回復・肩こり・腰痛・高血圧・糖尿病・白髪・骨粗鬆症・リウマチ・動脈硬化・肝臓病・胃弱・神経痛・・・どんだけ〜?!

でも、これだけマズイんだから、青汁×20の効き目を期待しています!!

皆さんも試してみてくださいね。震えますよるんるん
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング



posted by アヤカリーヌ at 01:26| Comment(4) | TrackBack(0) | キレイ・元気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

卵の王様

暑くなりましたねぇ。
夏バテ予防に、烏骨鶏の卵をいただくことにしました。

一個525円の卵ちゃんぴかぴか(新しい)輝いて見えます。

egg

まずは、卵かけご飯。

egg rice

お醤油は、卵かけご飯専用醤油「おたまはん」です。

otamahan

いただきまーす。うーん、味が濃いーー!!
ちっちゃい卵に、栄養がぎゅっと詰まってる感じです。
さすが、中国王侯貴族が愛したという幻の卵。パワーぷりぷりですぞ!

.:♪*:・'゜♭.:*・♪'゜。.*#:・'゜.:*♪:・'.:♪*:・'゜♭.:*・♪

「おたまはん」の出汁醤油も、甘めで美味しく満足です。

そして、もう一個の卵は酢卵にすることにしました。
米酢一合に、卵をうかべます。

sutamago

3日ぐらいで、殻が軟らかくなったら出来上がり。
卵の栄養を丸ごと摂れる酢卵は、定番ともいえる烏骨鶏の卵の食べ方だとか。

お酢の中で、ぷくぷく泡だってアクが出てきている卵は
実験みたいで何だかワクワク。3日後の完成が楽しみです。

酢卵を作るのは、思い起こせば小学生以来でするんるん
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング



posted by アヤカリーヌ at 21:47| Comment(10) | TrackBack(0) | 食べるしあわせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

人相第一

お寺の住職夫妻と話す機会がありました。
話題は、いい人と悪い人の見分け方。

住職夫人曰く。
知り合った頃は誰でもいい顔しか見せないから
本性を見抜くのは難しい。
そんな時、気を付けて見るといいのが、その人の社会的マナー。
例えば、ピカピカの高級車に乗っていてチリひとつ無いけれど
車内で出たゴミを、ぽいっと外に平気で捨てるような人は要注意。
道徳的なことがちゃんとできない人は、絶対問題アリだから
付き合わないほうがいいとのこと。

そして、住職夫妻が口をそろえて言ったのは
悪い人は顔に出ているから、人相を観察すると分かるってこと。

人を出し抜いてやろうとか、陥れようと思っている人は
何ともすさんだ顔ドコモ提供になっている。
あれっ?この人普段は調子いいけど、こんな顔してたっけ?
と思ったら、気をつけなくてはいけない。
見間違えでも、気のせいでもない。顔は正直なのですぞっ!

..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*:..。o○☆

妙な人相の人とは、老若男女問わず付き合ってはいけないよ!
と語るお二人の明るく堂々とした姿に納得。
人生を平穏に生きる知恵を、授けてもらったのでした。

日々、心穏やかに暮らしたいものですかわいい
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング

posted by アヤカリーヌ at 01:20| Comment(4) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

せめて鬼ごっこ

作家 藤本義一さんと、画家 藤本芽子さん父娘の
「戯画義芽展」に行きました。
義一さんは書を、芽子さんは版画などを出展しています。
素敵だな・・・と思ったのは、父娘の共同作品。
それぞれの個性を生かした、独特な作品に仕上がっています。

この展覧会では、義一さんの軌跡も紹介されており、
昔懐かし、11PMのときの写真もありました。
25年間も続いた長寿番組だったそうです。
放送当時、我が家では「見てはいけない番組」指定を受けていたっけ。
それでも覚えている、♪シャバダバシャバダバ〜♪の音楽は、
大人の時間の始まりって感じがします。

それはそうと、書に記されていた言葉は、
さすがだなぁと思わせられるものばかり。
中でも気に入ったのは、
「蝶来時花開
 花開時人来
 人来時心開」
華やかでいて、しっとりとした感じのする言葉です。

そして・・・
「時間に追われるより 時間を追え時計
ごもっとも!!
いつもいつも追われてばかりいるけど、
たまには追いかけてみたいものですぞっ!!

o。.:*:.。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.。o

小さな展覧会だったけど、お二人の世界を垣間見て、元気をもらったのでした。

残念ながらこの展覧会、終了してしまいましたふらふら
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング
posted by アヤカリーヌ at 22:17| Comment(4) | TrackBack(0) | パワフルな人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

偉大なマエストロ

父の日のプレゼントプレゼントに、何が良いかと友人と話していたところ、
「最近凝ってるDVDがあるねん。
 カール・ベームが32年前に東京で公演したときの映像でな。」

当時、超プレミアチケットとなった、ウィーン・フィルのコンサートフィルム。
演目は、ベートーヴェン 「交響曲第7番」やブラームス「交響曲第1番」、
ヨハン シュトラウスの「美しく青きドナウ」なんかが入っているのだとか。
「中でも、ブラームスの第4楽章は、感動モンやで。」

早速購入し、観てみることに。
ブラームスにはあまり興味が無かった私ですが、この演奏は特別でした。

この公演の時、ベームは81歳とかなりな高齢です。
肩の力が抜けた感じは、昨今の妙に力んだ指揮者のタクトとは大違い。
重厚感に溢れています。

演奏が進むにつれて、ベームの指揮が熱を帯びてきます。
第4楽章の終盤、オーケストラが一体になった時…
神が舞い降りる瞬間って、まさにこんな感じなのでしょうか。

それから、ベームは、何かに取り付かれたように激しく動き出します。
全身全霊で指揮をしている姿は神々しくさえあります。

観ている私も、感動で鼓動が早くなってきました。
そして、フィニッシュ。
ブラボー!ブラボー!ブラボーですぞっ!!!

♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪

このDVDには、ベームのインタビューも収録されていました。
いい観客、いい演奏家たちに恵まれ、最高の演奏ができたと、
少年のように目を輝かせながら、熱く語っていました。

この感動をクラシック好きの父とも分かち合いたくて、
今年のプレゼントはこれで決まり!
気に入ってもらえるかな…

コンマスのヘッツェルも必見。いい味出してまするんるん
今日も一票お願いしまーす。
↓↓↓
人気blogランキング


posted by アヤカリーヌ at 23:43| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画・読書・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。